お魚情報

たこ
えび

木村鮮魚で買えるお魚を、ごくごく一部ですがご紹介します!なじみの深いあのお魚から、めったに見かけないあのお魚まで、自慢の品揃えでお待ちしております!

普段買わないお魚にも、ぜひチャレンジしてみてください。調理方法はスタッフまでお気軽に聞いてください。美味しい食べ方をご説明させていただきます!


※仕入れ状況によって品揃えは日々変わりますのでご了承ください。

いか

本マグロ

クロマグロ。

みんな大好き。

説明不要ですね。

本マグロ

アナゴ

巣穴から頭だけ出していることからアナゴと呼ばれる。

天ぷら、煮アナゴ、かば焼きに。

アナゴ

のどぐろ

本名アカムツ。のどが黒いのでのどぐろと呼ばれる。煮ても焼いてもおいしい。

1年中脂がのっていておいしい。

のどぐろ

銀バトウ「カガミダイ」

旬は秋から春。大きい方がおいしいと言われている。

刺身、煮つけ、唐揚げ、塩焼きに。

銀バトウ「カガミダイ」

イトヨリ

うま味が強い白身魚。観賞用にしたくなるような美しい魚。刺身、煮付け、塩焼きでどうぞ。蒸してもおいしいです。

イトヨリ

アオリイカ

比較的大型のイカ。刺身でもフライでも焼いてもおいしい。一夜干しも最高。漢字で書くと障泥烏賊。

%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%

ババちゃん(タナカゲンゲ)

名前が特徴的。見た目は怖いがおいしい。知る人ぞ知る魚。刺身や鍋でどうぞ。

ババちゃん(タナカゲンゲ)

甘鯛

「タイ」と名前についているがタイ科ではなくいわゆる「あやかり鯛」。

古くから高級魚として扱われている。刺身よりも焼き魚や干物がおすすめ。

鱗も食べることができる。ムニエル、ポワレ、照り焼きも人気。

%E7%94%98%E9%AF%9B_edited.jpg

キジハタ(アコウ)

キジのような模様を持つハタ。​春から夏が旬の時期。お造り、煮付け、鍋でどうぞ。美味です。

キジハタ(アコウ)

モサエビ

地元鳥取でしか味わえない幻のエビ。

名前は猛者海老と書くので怖いイメージだが、実は甘エビよりあまい。

モサエビ

白バイ

通年水揚げされるが、刺身でおいしく食べるなら晩秋から冬がおすすめ。

夏は壺焼きや煮つけでどうぞ。

白バイ

ユメカサゴ

​赤い体が特徴の魚。旬の時期は冬。鍋に入れれば幸せになれます。刺身も絶品。どんな料理でもおいしくいただけます。

ユメカサゴ

スルメイカ

古来より馴染み深いイカ。縁起の良い品と言われている。刺身、てんぷら、塩辛なんでもおいしい。

スルメイカ

マダラ

大型のタラ。旬は冬。熱を加えても硬くならないのでムニエルや煮付けがおいしい。刺身もおすすめ。

マダラ

アオデガニ「上海ガザミ」

特徴的な美しい青色の色彩。塩ゆで、蒸し、みそ汁、パスタでどうぞ。

アオデガニ

カワハギ​「ウマズラハギ」

馬の顔に似たカワハギでウマズラハギ。

刺身、煮つけ、みりん干しに。

低カロリーでおいしい白身。

カワハギ.ウマズラハギ

甘エビ「ホッコクアカエビ」

甘いから甘エビ。

生でも、揚げても、みそ汁でも。
 

甘エビ「ホッコクアカエビ」

ヒラマサ

アジの仲間で一番大きい。ブリに似ている。脂が少なくさっぱり。刺身、焼き魚、煮魚でどうぞ。

ヒラマサ

オコゼ

見た目は怖いけどすごくおいしい白身魚。唐揚げ、刺身、お吸い物にどうぞ。
 

オコゼ

ニシン

ニシンの魚卵は数の子として有名。煮付けやマリネでいただきます。ニシンそばも好まれます。ニシンのパイも有名。

ニシン

真鯛

めでたい魚。古来より日本で重宝されてきた魚。刺身、塩焼きから鯛めしまでたくさんの調理方法で愛されている。

真鯛

白ハタ「ハタハタ」

スズキ目の深海魚。全国的にはハタハタだが鳥取では白ハタと呼ばれる。

鳥取周辺で獲れる白ハタは卵がないかわりに脂がのっている。塩焼き、干物、味醂干しがおすすめ。

白ハタ